Page: 1/68   >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
驚いて犬神博士

五味伸之です。

 

演劇をしてきて、いくつかの
驚き!
な出来事がありました。

 

その「驚き」というのは、言葉を出したりすることに関することです。
つまりは、○○は○○である。と、認識していく段階で、子どもが大人に少しずつ大きくなっていく途中に世界を認識していく様と全くそのまま一緒のことです。

 

今回の犬神博士は、その驚きを大いに感じさせてくれる体験が詰まっている。
言葉を声に出すことを通して、頭の中が汗をかくような体験をする。
つまりは、物語の登場人物と同じ景色を見て、同じ行動をすることです。
主人公の犬神博士は、街にいるルンペン。乞食として登場する。その人のもとに新聞記者がお話を聞きにきた、、、という内容。
全て犬神博士の視点からの物語になっており、5歳〜7歳ころの子供時代にわからないことは、そこから時間を経た現在の犬神博士が「その当時の〜」と、説明を捕捉する。


文字で読んでいると、すなわち殆どが犬神博士の言葉、なのだけど、声に出すと、これは子どもの頃の自分が頭で考えている、これは子どもの頃の自分が○○に向かって話している、これは大人の自分が子どもの頃の自分に向かって話している、これは新聞記者に話している、これは大人の自分と子どもの自分がぴったり合致している、、、、などなどと、
さまざまな声が複数に聞こえ始めてくる。
もちろん芸どころで旅芸人として過ごしてきた犬神博士であるから、記者に話すときも表現豊かに行ったであろうから、
登場するさまざまな人々も、声色を駆使して記者に語ったことでしょう。

小説家の言葉というのは、こんなにも複数の人物の声を含ませているものか!
と、驚き続けています。

 

景色が浮かんでくるというのは、
たくさんの人の声が含まれているから。
たくさんの人の声が含まれているのは。、たくさんの自分が自分の中に生きていることだろう。
景色を増やしていくことは、たくさんの自分を眠りから覚まさせていくことなんだろうと思う。

犬神博士の公演は、まさしく眠っている自分に出会う旅です。

 

 

演劇をしてきて、驚いたこと達は、今後ちょこちょことかいていこうかや。

| 五味伸之 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
眠みがひどい
春よ、春だわさ、眠みとぬくみがひどくなって来たなり。

毎日のごとし眠みとぬくみに誘われて、ベッドにインなり〜〜。


おろちまるたちとイチャコライチャコラなり。

毛臭が酷き、なり!

ててからも臭がすゆよ。

メイプルシラップとラズベリー臭なり。

うしょじゃないよ。

ウ〜ジ〜マロ〜〜。

ガガガガイ!!!



さて、訳がわからないことと思います。

最近、というかここ3年ほどは特に酷いのですが、このようにオリジナリ(オリジナル)の言葉を使いながら生活しています。

訳すと↓
春が来たよ、眠くなり、あたたまりますね。
毎日のように眠気とあたたかさに誘われてベッドに入っていますよ。
猫たちとくっついていますよ。
猫の匂いがとても、するよ。
猫の手足から、匂いがします。
メイプルシロップとラズベリーのような匂いです。
嘘ではありません。
わーいわーい。
とっても楽しいな!!!

となります。

言葉は面白いですね。
様々な使い方、気持ちの込め方があります。

ここのところやっている犬神博士は、言葉にとても力があります。
読んでいるだけで、気持ちを込めようとしなくても勝手に込もる。
これが言葉の力かと実感しています。

言葉の力を実感しに、ぜひ三月公演もお楽しみに〜〜


iPhoneから送信
| 山田恵理香 | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いい事をしてると思う?

「いい事をしてると思う時は同時に悪い事をしていると思いなさい、そうしないと人を窮屈にさせる人間になる」

という吉本隆明さんの言葉が好きだ。

けど、とっても難しい。そんなことできないよ〜。難しいよ。

いい事してるのに悪い事してるなんてさ〜。

私はよく人を窮屈にさせる人間なんじゃないかとおもう。

いま、夢野久作の犬神博士を読んでて、先月完読したのね。

あ、この作品って完結してないんだけど。

 

 

話はかわりますが、私、完結してない漫画とか読むのが苦手で、ドラマとかも一気見見たいタイプ。

そんな私が続きものの犬神博士を未完の作品を読む事になるなんて人生ってわからないですね〜。

ガラスの仮面とか王家の紋章とか完結するのかなぁ、生きてる間に。

H×Hって完結したんだっけ?

 

犬神博士にでてくるチイって呼ばれる可愛らしい少女的少年がいるのね。

あ、この子が主人公なの。

犬神博士ってのは大人になってそうよばれてて、作品はずーっとその人が小さな子供だった頃を描いているのです。

で、その子は親から引き離されて、育ての親?みたいなまあひどい両親と旅芸人して生きているの。

で、その子の周りの大人たちはみーんなその子にいい事をしてると思ってるとおもう。

みーんなその子が欲しいくて大事にしたいとおもってるの、育ての親たち以外の大人は。

ちいは窮屈に思ったりしてたのかな、結構おもってたな〜と吉本先生の言葉を思い出しながら、いまは3月に向けて総集編の稽古がはじまっってます。

 

そして気になってるのがこれ〜

| 山田恵理香 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
犬と鳥
image1.jpeg
こんばんは。ギガっ子のやっぴーです。

先日、夢野久作劇場2月が終了しました。
来てくださった皆様、ありがとうございました<(_ _)>
2月が終了したということは、、、?


犬神博士1冊読破!!!


ですね(^^)

9月の時は歌を歌いまくり、
10月はチイが雨の中、男親と女親に置いていかれ、
12月は朗読劇だけどたくさん動き回り、声を変え、
2月は五味さんが言う、大友の今夜の血祭りじゃ
が私は印象的でした。

みなさんの印象的なシーンはどこですか?
来月はあのお気に入りのシーンがまた見られるかも...?
ということで、絶賛ご予約お待ちしてます↓↓↓
info.yumeq@gmail.com



...と、犬神博士の振り返りをしつつ、
私は推しの俳優に会うため片道15時間かけて、
夜行バスに揺られ東京へ向かい、イベントを終え、ホテルに帰ってます。
推しがカレンダーを出すのでそれのお渡し会なのです。

ちなみに来月バスツアーがあったのですが、
犬神博士と丸かぶりなので泣く泣く断念...(笑)
なのでカレンダー6冊購入して2部参加しました&#128037;
握手&#129309;と根性注入&#129308;&#129307;してもらいました&#128147;
推しに会うのは生き甲斐ですね。
この思い出でこれからの稽古頑張ろうと思ってます。
iPhoneから送信
| 山田恵理香 | 00:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
&#128054;と&#128037;
image1.jpeg
こんばんは。ギガっ子のやっぴーです。

先日、夢野久作劇場2月が終了しました。
来てくださった皆様、ありがとうございました&#128583;&#127995;&#8205;♂&#65039;
2月が終了したということは、、、?


犬神博士1冊読破!!!


ですね&#9786;&#65039;

9月の時は歌を歌いまくり、
10月はチイが雨の中、男親と女親に置いていかれ、
12月は朗読劇だけどたくさん動き回り、声を変え、
2月は五味さんが言う、大友の今夜の血祭りじゃ
が私は印象的でした。

みなさんの印象的なシーンはどこですか?
来月はあのお気に入りのシーンがまた見られるかも...?
ということで、絶賛ご予約お待ちしてます&#128071;&#127995;&#9786;&#65039;&#128071;&#127995;
info.yumeq@gmail.com



...と、犬神博士の振り返りをしつつ、
私は推しの俳優に会うため片道15時間かけて、
夜行バスに揺られ東京へ向かい、イベントを終え、ホテルに帰ってます。
推しがカレンダーを出すのでそれのお渡し会なのです。
| 山田恵理香 | 00:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
片仮名カタカナ

犬神博士は沢山のカタカナ

犬神博士の朗読活劇では、カタカナは遊ぶようになってます。

遊ぶ?特徴?

 

私はカタカナよりも、ひらがな、の方が好き。

丸くて可愛い

せとよしの

って、小さい頃お道具箱なぞにお母さんが書いてくれた文字が可愛かったからかもしれない。

 

オイサン

モウイカン

ウムウム

イヨー

ドキンドキン

 

犬神博士に出てくるカタカナは、心が揺れる、くすぐられる。

 

2月犬神博士は、ほとんどを五味さんの声で聴く。

耳から五味さんの声が入ってきて、脳みそをユッサユッサ。

 

 

2月15日19時30分  箱崎水族館喫茶室

あなたも、ユッサユッサ

 

↓ご予約は〜

info.yumeq@gmail.com (夢野久作劇場)

上記のアドレスに、

タイトル:犬神博士

本文:  1.お名前  2.予約日時  3.枚数  4.お電話番号 

5.備考(途中入場、途中退場など何かありましたら)

をご記入のうえご連絡ください。

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台

| せとよしの | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【公演情報】 2/15, 3/16-17夢野久作劇場 「犬神博士」

☆夢野久作劇場  「犬神博士」☆

[日時]2019年2月15日(金)19:30〜

[場所]箱崎水族館喫茶室

[料金]投げ銭+ワンドリンク

 

++++++++++++++++++++++

 

☆夢野久作劇場  「犬神博士」  総集編!!☆
当時新聞で連載され、廃刊により未完のまま終わってしまった夢野久作の「犬神博士」。
夢野久作劇場では、「犬神博士」を昨年9月から今年2月にかけて月一で朗読活劇や舞踏、人形劇で上演してきました。
今年3月は、なんと!
犬神博士、全108話を前編・後編に分けて、
GIGAが朗読活劇総集編としてお届けします!!


[日時]2019年
3月16日(土)
  前編15時〜18時頃終了予定  
  後編19時〜21時半頃終了予定

3月17日(日)
  前編15時〜18時頃終了予定  
  後編19時〜21時半頃終了予定

※途中入場、途中退場も可能です。ご予約の際に詳細をご記入ください。
※前編・後編の間は、1時間ほどの休憩がございます。
犬神伝説のモチーフでもある狛犬地蔵にも足をお運びください。

[料金]
投げ銭+ワンドリンク

[場所]
箱崎水族館喫茶室
 (福岡県福岡市東区箱崎1-37-21)

[予約・お問い合わせ]
info.yumeq@gmail.com (夢野久作劇場)
上記のアドレスに、
[タイトル]  犬神博士、[本文]  1.お名前  2.予約日時  3.枚数  4.お電話番号  5.備考(途中入場、途中退場など何かありましたら)
をご記入のうえご連絡ください。

お席が30席程度と少なくなっておりますので、お早目のご予約をおすすめしております。
ご協力、よろしくお願い致します。


主催:夢野久作劇場実行委員会、空間再生事業劇団GIGA
協力:夢野久作と杉山三代研究会、くうきプロジェクト

 

揺レるおかっぱ
踊り狂うて
唇からはドグラ・マグラ...

 

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台

| gg | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ギオンズ

擬音たちJUGEMテーマ:演劇・舞台

 

こんにちは、五味伸之です。

犬神博士3月公演のチラシ作ってます!

 

夢野久作の作品にたくさん登場する擬音/オノマトペがたくさん出てくる感じで作ります。

ギガもたくさん出てくるかもね。

 

お楽しみにー!!

 

2月の犬神博士もよろしくお願いします。

僕が主な読みを担当して読み進めます。

未完の大作の最終回へ向けて、

主人公チイが走り始めます!!

 

2月公演はこちら

2019年2月15日(金)19:30〜

箱崎水族館喫茶室

投げ銭

 

| 五味伸之 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
明日は
image1.jpeg
これがあります。
五味伸之の活動
| 山田恵理香 | 01:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
【お知らせ】12/7より寺山修司・映像上映が開催されます!(福岡)

 

山田恵理香と五味伸之が実行委員として参加する「日本の戯曲研修セミナーin福岡 vol.1」の、
講座への参加者はすでに締め切りましたが、
映画上映と発表会への参加者(観るだけ☆)は、まだ募集しております。

 

「映像上映&トーク 〜寺山修司とその作品を知ろう〜」は、今週金曜日(12/7)から始まりますので、
是非お越しください!

(☆ご予約は、info.jda.fukuoka@gmail.com まで)

 

============================================

==【映像上映&トーク 〜寺山修司とその作品を知ろう〜】==

【日程】
12月 7日(金)14:00〜 『ヴィデオ・アンソロジー』 トークゲスト:糸山裕子
12月 8日(土)14:00〜 『レミング』 / 19:00〜 『ヴィデオ・アンソロジー』
12月 9日(日)14:00〜 『ヴィデオ・アンソロジー』 トークゲスト:小松杏里
12月14日(金)14:00〜 『レミング』 トークゲスト:和田喜夫
【参加費】各回1,000円 (日本演出者協会 会員無料)
【会場】パピオビールーム(福岡県福岡市博多区千代1-15-30)

【アクセス】
■地下鉄     箱崎線「千代県庁口駅(パピヨン24地下1階)」より徒歩3分
■JR     鹿児島本線 「吉塚駅」より徒歩13分
■西鉄バス     「千代一丁目バス停」より徒歩1分、「千代町バス停」より徒歩3分

 

寺山修司の遺した作品の映像やトーク映像を鑑賞します。
鑑賞後、ゲストと共に「寺山修司」や「社会をふりむかせる」ことについてのトークを行います。

●『レミング』…演劇実験室「天井桟敷」・最終公演。寺山が、命を懸けて作・演出した最後のメッセージとは?
●『ヴィデオ・アンソロジー』…演劇実験室「天井桟敷」(1967-1983)の全公演の軌跡を、寺山修司自身の解説と舞台写真、そして当時撮影されたヴィデオで構成したヴィデオ・アンソロジー。

 

 

====================================

==【リーディング上演・発表&シンポジウム】==
【日程】2018年12月15日(土)14:00〜18:30
【参加費】500円 (日本演出者協会 会員無料)
【会場】あじびホール(福岡県福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル8F)
●リーディング上演 作品:『毛皮のマリー』 演出:石田聖也 (出演:峰尾かおり)
●「戯曲を声に出して読んでみよう」参加者によるリーディング発表 作品:『血は立ったまま眠っている』
●「ラジオドラマをつくってみよう」参加者によるラジオドラマ録音作品発表 作品:『大人狩り』
● <シンポジウム> 中嶋さと × 石田聖也 × 下松勝人 × 川口典成 × 和田喜夫
「社会をふりむかせるとは?」をテーマに今回の創作を通しての話や、これまでの活動や経験の話など、語り合う。

【アクセス】
■地下鉄     空港線・箱崎線「中洲川端駅」下車、6番出口より徒歩すぐ
■西鉄バス     「川端町バス停」下車、徒歩すぐ

 

 

======================================
【日本の戯曲研修セミナーin福岡 vol.1】
寺山修二を読む!
「社会をふりむかせる」
日程:2018年12月6日(火) 〜 12月15日(土)
会場:パピオビールーム、アクロス福岡、あじびホール
主催:一般社団法人日本演出者協会

 

 

 

JUGEMテーマ:演劇・舞台

| gg | 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Link

Mobile

qrcode

Entry

Archives

Category

Search

Comment

Profile

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Recommend

Sponsored Links